本文へスキップ

〜 航海する企業 〜 日本ノッズル精機株式会社

舶用課舶用課

-舶用課-


舶用課では、主に大型舶用ディーゼルの燃料ポンプ、燃料弁、化学プラント部品を機械加工し、
熱処理、研削、仕上、組立、性能試験を行っております。
燃料ポンプは鋳造されたポンプ本体を、NC旋盤で内外径を加工し、
横型マシニングセンタにより、外周部穴加工、ねじ加工を行い完成させます。
ミクロン単位での仕上り精度が要求されるため特に研削・仕上技術を強みとしております。
社内提案活動等もあり、日々日々品質向上と原価低減活動に力を入れています。


機械加工
s s 
燃料ポンプの噴射量を制御する為の部品であるピニオンとプランジャは、
縦型マシニングセンタにて最終仕上げ加工をしています。
プランジャ先端部の切り欠きリード角度は燃料噴射のパターンを決定するもので、高精度加工が必要です。
燃料弁本体は鍛造素材入荷後、ガンドリル、NC旋盤、 マシニングセンタ、高周波焼入れを行い、最終組立に入ります。

SS
          ◆TIG溶接◆


熱処理
主にプランジャの熱処理を行っています。
 S
研削
熱処理された製品をミクロン単位の精度に仕上げます。
SS
仕上
研削加工後の製品をサブミクロン単位の精度に仕上げます。
S
組立
燃料噴射弁の組立・性能試験、燃料噴射ポンプの組立・性能試験を行っています。
 S

その他
国家資格である技能検定への取り組みを推進しております。汎用旋盤に関しては当社で検定試験が
実施できる環境も整っております。

資格取得実績:汎用旋盤、マシニングセンタ、数値制御旋盤、機械検査、機械保全、平面研削盤、円筒研削盤等

バナースペース

日本ノッズル精機株式会社

〒340-0203
本社「埼玉事業部」0480-58-7554
埼玉県久喜市桜田5-17-1

〒675-0136
「関西事業部」079-435-6032
兵庫県加古川市別府町港町1-1